がんとプロポリスについて学ぶことが予防の第一歩

プロポリスに含まれている成分とがん

栄養補助食品

プロポリスに含まれるがんに効果のある成分

プロポリスには様々な成分が含まれており、その中でも特にがんに効果のある成分が3つあります。カフェイン酸フェネチル・エステルとアルテピリンC、クリシンという成分です。この3つの成分を摂取できるということでプロポリスは注目されています。

カフェイン酸フェネチル・エステル

カフェイン酸フェネチル・エステルには、アポトーシスという細胞に異常があった場合に自ら排除するという働きを促します。がん細胞自らなくなることで、がんの発症を予防できるのです。他にも、がん細胞が増殖したり他の箇所に転移したりすることを防ぐ働きがあります。

アルテピリンC

アルテピリンCはプロポリスだけに含まれている成分で、細胞の増殖を抑える効果があります。正常な細胞は攻撃せずに、がん細胞だけに効果があるのでがん予防に最適です。アルテピリンCは他にも活性酸素を除去する効果があるので、生活習慣病の予防もできます。

クリシン

クリシンもアルテピリンCと同じように、がん細胞の増殖を抑えて細胞の死滅を促す働きがあります。上記の2つと違い、DNAが細胞を増やす時に起こるミスを防ぎがん細胞の増殖を防ぎます。DNAの増殖を正しくすることで、がんを予防できるのです。

がんを予防するためにはがんについて知る

がんとはそもそも何ですか

体内で生成されている細胞の中には、活性酸素などで傷ついてしまう細胞があります。本来なら回復して元に戻りますが、中には回復できずに正常に働かなくなることがあるのです。このような細胞をがん細胞といい、この細胞が増え続けて体を傷つけることをがんといいます。

がん細胞が増えてしまうのは何でですか?

体内には免疫力という、体を健康に保つための防御機能があります。がん細胞が作られた際に、免疫力がこの細胞を排除してがんの発症を予防するのです。ですが、この免疫力が低下してしまうとがん細胞を排除できずに、増殖してしまいがんを発症します。

がんを発症するとどのような痛みがありますか?

発症する箇所によって違い、食道がんだと大動脈を圧迫してしまい胸や背中に痛みを感じます。胃がんではみぞおち周辺に痛みが、膵臓がんでは上腹部か背中に強い痛みが現れるでしょう。最初は小さな痛みを感じ、悪化すると徐々に痛みが増してくるので早めに気づくことが重要です。

がんを早期発見するには何に注目すればいいですか?

がんを発症しても初期症状がほとんどないため、早期発見することは難しいです。そのため、定期的に病院で診察を受けることで早期発見できます。がん細胞が少ない間に発見できれば、簡単な手術や治療でがんを完治することができます。

予防するためにはどのようなことに気をつければいいのですか?

体内でがん細胞が増えないようにするには、免疫力を高めることが大切です。免疫力は日常生活の乱れや加齢によって低下します。食生活を見直して栄養を摂取したり、体を動かして鍛えたりすれば予防できます。

広告募集中